企業ポリシー

  • HOME
  • 企業ポリシー
 
 

『この業界は何かおかしい』そう思ったのがこの会社の設立のきっかけでした。返事のない運転手、整理の行き届いていない車内など、皆様も一度はタクシーに乗って嫌な思いをされたことがあると思います。これはチャンスだ!お客様と乗務を担当する社員を大事にするタクシー会社を作れば、必ず世の中に受け入れられると・・・。

当時はタクシーの規制緩和で、様々なサービスを行う会社が生まれ、この業界はこれから大きく変わろうとしていました。その様ななかで、よし、今しかない、そういう思いでの設立でした。

しかし、平成20年8月に再びこの業界を再規制の波が襲い、結果として私どもが最後に許認可が下りたタクシーベンチャーになってしまいました。しかし、『このベンチャーの火を消してはならない!この業界を変えなければならない!』を使命に、引続き成長を目指してまいります。

ロイヤルリムジンCredo

私たちロイヤルリムジンは『ありがとうございます』の心をもっとも大切にし、安全で快適な空間をお客様に提供します。
私たちロイヤルリムジンは『ありがとうございます』の心をもっとも大切にし、「もう一度乗りたいタクシー」と言われるように感動サービスを追求していきます。
私たちロイヤルリムジンは『ありがとうございます』の心をもっとも大切にし、街のコンシェルジュとして国際都市東京を支えることを使命と心得ています。

ロイヤルリムジングループ 社員一同

安全マネージメント

弊社では安心してご利用いただける安全品質を維持するため、下記のとおり取り組んでおります。

安全に関する基本方針
管理者は、安全確保が事業経営と社会貢献の基本であると認識し、社内において安全の確保に主導的な役割を果たします。また、現場と密に意見を交わし、現状を踏まえ方針を政策し、全社員と安全確保が最も重要であるという意識を共有し、実行します。
安全に関する重点施策
  1. 安全が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守します。
  2. 安全に関わる投資を、積極的かつ効率的に行います。
  3. 情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達し、共有します。
  4. 安全品質管理に関する内部監査を行い、品質の維持します。
  5. 効果的な教習の計画を策定し、実施します。
安全に関する目標
  1. 運輸安全マネジメントの重要性を、全社員が一丸となって意識して行動する事。
  2. 重大事故の発生件数が、引き続き「0」であること。
安全管理マネジメントへの具体的な取組み
  1. 乗務員の体調管理
    ・乗務前後の点呼時に、アルコールチェッカー機によるアルコール検査を実施します。
    ・乗務前点呼時の健康確認をします。
    ・全乗務員に対する健康診断の実施(半年ごと・日勤者は1年ごと)します。
  2. 社員の安全教育
    ・自動車事故対策機構の運転適正検査をもとに、個人の傾向に合わせた対策を指導します。
    ・社内にて、毎月安全に関する教習をします。
  3. 車両装備の充実
    ・ドライブレコーダーの全車に導入します。
    ・ABSや衝突防止機能などの装備を積極的に導入します。
車両の点検整備
国土交通省が認定する整備工場にて、3か月ごとに点検整備を実施する。